加齢臭を防ぐ食生活改善

35歳ほど年齢を重ねると、ニオってくる酸っぱくて廃屋のような何とも言えないニオイ。

そう、これが「加齢臭」といわれるニオイです。

加齢臭は男女のどちらにも発生するのですが、男性の方に多いのが特長です。

ちまたではオヤジ臭などともいわれ、気にしている中年男性も多いです。

その加齢臭が出る原因は、皮脂腺の中の脂肪酸と過酸化脂質が結合して生じる「ノネナール」という物質によるものです。

30歳を過ぎると男性ホルモンが減少することで、酸化に対する抑制力が低下し、脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増加します。

その結果、、体臭成分であるノネナールが急増することになります。

でうしてそうなるかというと、体内に溜め込まれた脂肪分が、毛穴の中から出てきて酸素に触れてさび付くことでノネナールが発生する仕組みなのです。

さらに、過酸化脂質の増加は活性酸素が大きく関わり、ストレスを感じた時が一番増加することが分かっています。

活性酸素はその他にも、タバコを吸った時や、栄養を多く摂りすぎた場合、運動して酸素を多く体内に摂り入れた時にも発生します。

ノネナールを増やす大きな原因は、ストレスが多い生活や、肉食を中心とした食生活、運動不足、さらに喫煙などです。

一般的に不健康、不摂生と言われるような生活習慣がノネナールを増やし、加齢臭を発生させています。

と、いうことは普段から健康的な生活習慣を身に付けることが大切でってことです。

<加齢臭は食生活で改善>

食生活は加齢臭や体臭にとても関わりがあり、ポイントは酸化を抑える食事です。

要は、健康に良いものを選んで食べることに尽きます。となると野菜中心で動物性脂を控えることになります。

最適な食生活となれば、やはり和食中心になります。

さらに体の酸化を抑えるために、ビタミンC、ビタミンE、カテキン、ポリフェノール、βカロテンなどを多く含む食品、サプリメント(ピーマン、パセリ、ゴーヤ、ブロッコリー、アーモンド、抹茶、ウナギ、カボチャなど)を摂取するとよいでしょう。
更年期世代の体臭対策

ディスカッションに参加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー